元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧スタイルの誕生


お洒落な雑貨といえば、「北欧雑貨」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
機能的で使いやすく、シンプルなデザインだけど、どこか遊び心溢れる北欧雑貨は、日本で密かなブームとなっています。

北欧雑貨を象徴する北欧スタイルは、どのようにして生まれたのでしょう。
20世紀より前のヨーロッパの建築やデザインは、権力者の思うがままに、富と権威の象徴となっていました。

その後、次第に使いやすさが重要視されるようになります。より機能的なものが求められるようになり、「機能主義」が生まれました。そんな機能主義スタイルを上手に表現するために、多くの建築家が学んでいたのがドイツの「バウハウス」という造型学校でした。

北欧スタイルは、この機能主義やバウハウスの影響を強く受けています。
1920〜1930年代には、北欧スタイルの基盤を作った建築家がどんどん活躍していきます。
1950年代には、北欧スタイルの巨匠とも呼ばれる北欧デンマーク
の建築家であるアルネ・ヤコブセンや、家具デザイナーであるハンス・J・ウェグナーなどが次々と作品を発表していきました。

1954年には、北欧家具の見本市がアメリカで開催されました。
また、ジョン・F・ケネディが使用していたとして、ハンス・J・ウェグナーのラウンドチェアが大きな評判となりました。

こうしてアメリカで話題となり人気を得た北欧スタイルは、アメリカだけではなく、瞬く間に全世界へと広がっていくことになったのです。


デンマークの子供たちはみんな知ってる幸せを運ぶ妖精ピクシー。
21人揃って日本へやってきました。

デンマークの幸せを運ぶ妖精ピクシー
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 07:54 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧雑貨を生み出す国々

私達の生活を癒してくれる「雑貨」。
中でも北欧雑貨は、ヨーロッパ雑貨の中でも独特の雰囲気を持ち、雑貨好きな人の間で常に注目されている存在です。

そんな愛らしい雑貨を生み出す「北欧」とは、どんな国なのでしょう。


通常、北欧といえばノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランドの5ヶ国のことを指します。
(アイスランドを除く4カ国のことを指している場合もあります。)

北極圏に近いこれらの国々では、冬の夜空にはオーロラが輝くこともあり、夏には1日中太陽が沈まない日夜があるなど、神秘に満ちた特徴があります。

どの国も自然が豊富で素敵な森や湖があり、また、氷河によって作られたフィヨルドと呼ばれる入り江や、ツンドラの大地などもあります。時には人に厳しい自然ですが、その厳しさが変化に富んだ美しい国土を作り上げたのです。

気候は北海道に似ています。夜が比較的長く、寒い冬の季節が長く続く北欧では、お家の中で快適に過ごすために、あらゆる雑貨にこだわりを持つようになりました。
環境問題や福祉関連についても前向きで、先進国として積極的に取り組んでいますよ。

自然を愛する心を基盤に作られた北欧雑貨だからこそ、世界中で愛されているのですね。家具や工芸などの雑貨の他にも、車やオーディオ機器についても、デザイン性に富んだものがたくさんありますよ。

お家のインテリアを探している人は、是非一度チェックしてみましょう。





posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 05:58 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧旅行に出かけたら

北欧旅行に出かけよう


北欧雑貨 北欧スタイル
hokuou_syoki.jpg


北欧雑貨を入手したいなら、やはり北欧旅行に出かけるのが一番です。
現地では、インテリアショップの他にも日用品が売っているスーパーにも立ち寄ってみてくださいね。食料品や日用品のパッケージは、どれもお洒落で可愛らしく、北欧デザインを十分に楽しむことができますよ。

kopenhaben.jpeg


コペンハーゲンやヘルシンキへ出かけたら、是非アンティークショップへも出かけてみてくださいね。インテリアショップよりも掘り出し物が多く、時のたつのも忘れるほど楽しむことができるでしょう。
店内は雑然と品が置かれていることが多いのですが、お店の入り口や店内の片隅に置かれているかごの中に無造作に入れられているものには、掘り出し物がたくさんあります。
デザイナーにこだわることはありませんよ。形のかわったものや、プリントが楽しいものなど、自分が惹かれるものであれば、安いものでも高価があるものです。
「これは何に使うの?」と不思議に思ってしまう雑貨でも、「こんな風に使ってみよう」と自分なりにあれこれ考えて使ってみるのも楽しいですよ。

北欧旅行の楽しみ方として、スーパーやアンティークショップの他に、「ブックショップ」にも是非立ち寄ってみてください。
言葉が分からないからつまらない、なんて思わないでくださいね。
確かに当地の言葉は難しいですが、ビジュアルメインの絵本なら、楽しむことができますよね。北欧の絵本は、日本のショップでもたくさん置かれているほど、インテリアとして人気の高いものなのです。
文字が分からなくても、ぱらぱらとめくって絵柄を楽しんでみてはいかがでしょう。
気に入ったものは、是非お家のインテリアとして飾っておいてくださいね。

人気ブログランキングへ

posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 北欧雑貨を現地で買う方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧のイヤープレート

北欧雑貨を愛する人には欠かすことのできない「イヤープレート」。
結婚記念や出産など、家族の記念になる年のイヤープレートを飾ればとてもお洒落ですよね。

⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 北欧雑貨「イヤープレート」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧雑貨「イヤープレート」

北欧雑貨といえば、陶器類などの食器が代表的ですが、インテリアとして最適な「イヤープレート」も人気のある雑貨の1つです。


⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 北欧雑貨「イヤープレート」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧雑貨を現地で上手に買う方法

北欧雑貨 北欧スタイル紀行
北欧雑貨を現地で上手に買う方法

北欧雑貨の代表的なものといえば、コーヒーカップやお皿などの陶器類です。

⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルショップで北欧雑貨を探そう

北欧雑貨は日本の家に調和しやすく、日本で人気のある雑貨の1つです。

⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | リサイクルショップで北欧雑貨探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧雑貨のデザイナー「リサ・ラーション」

シンプルで機能的、洗練されたデザインの北欧雑貨。日本で人気のある雑貨の1つです。そんな北欧雑貨を生み出すデザイナーはたくさんいますが、北欧雑貨の代名詞ともいえる陶芸家の一人が「リサ・ラーション」です。


⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧雑貨を生み出す国々

私達の生活を癒してくれる「雑貨」。
中でも北欧雑貨は、ヨーロッパ雑貨の中でも独特の雰囲気を持ち、雑貨好きな人の間で常に注目されている存在です。

そんな愛らしい雑貨を生み出す「北欧」とは、どんな国なのでしょう。
通常、北欧といえばノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランドの5ヶ国のことを指します。(アイスランドを除く4カ国のことを指している場合もあります。)
北極圏に近いこれらの国々では、冬の夜空にはオーロラが輝くこともあり、夏には1日中太陽が沈まない日夜があるなど、神秘に満ちた特徴があります。
20080706-1ノルウェーjpg

どの国も自然が豊富で素敵な森や湖があり、また、氷河によって作られたフィヨルドと呼ばれる入り江や、ツンドラの大地などもあります。時には人に厳しい自然ですが、その厳しさが変化に富んだ美しい国土を作り上げたのです。

気候は北海道に似ています。夜が比較的長く、寒い冬の季節が長く続く北欧では、お家の中で快適に過ごすために、あらゆる雑貨にこだわりを持つようになりました。
環境問題や福祉関連についても前向きで、先進国として積極的に取り組んでいますよ。

自然を愛する心を基盤に作られた北欧雑貨だからこそ、世界中で愛されているのですね。家具や工芸などの雑貨の他にも、車やオーディオ機器についても、デザイン性に富んだものがたくさんありますよ。

お家のインテリアを探している人は、是非一度チェックしてみましょう。


有名芸能人がこぞって愛用、人気の腕時計「コプハ」の詳細はこちらから
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 15:40 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧テイストの家具選び





momobgyoko.JPG

ヨーロッパ・北欧テイストの家具選び
北欧雑貨 北欧スタイル紀行


最近ではインテリアにこだわる人が多く、家具や雑貨類もお洒落なものがたくさんありますよね。インテリア好きな人の間で人気の雑貨といえば、北欧雑貨があります。
シンプルで使いやすい、お洒落な雰囲気が漂う北欧雑貨は、日本の風潮にも良く馴染み、たくさんの人北欧雑貨は親しまれています。

お部屋を北欧スタイルにしたいのだけれど、北欧雑貨でそろえていくのはなかなか大変・・という人は、無理に北欧製の雑貨にこだわる必要はありません。
日本製やヨーロッパ諸国の雑貨でも、北欧テイストに仕上げることはできますよ。

例えばお部屋の雰囲気を決めるローボードやチェストなどの家具類。
北欧製のほとんどのものは、綺麗な脚がついています。
家具を選ぶ時は脚付きのものを選び、脚は直線的ですっきりとしたものを選びましょう。脚の形は丸い棒状で先端にいくほど細くなっているもの、外側に向けて開いた状態で取り付けられているものが、より北欧らしさを演出してくれますよ。脚のついている家具は、お掃除も簡単にできて嬉しいですよね。

清潔感溢れる北欧家具の雰囲気を全面に出したいなら、白と白木の組み合わせの家具を選びましょう。この組み合わせの家具なら、どんなものでも清潔感があり、北欧の雰囲気を醸し出すことができます。
北欧家具を代表する建築家である「アルヴァ・アアルト」がデザインしたテーブルでも、白と白木の組み合わせのものが人気商品となっています。

これから家具を選ぼうと考えている人は、脚付きのもの、また白い木材の北欧風の家具を選びましょう。


posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 北欧スタイルの家具選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファブリックパネルの作り方

機能的で使いやすく、シンプルモダンなデザインの北欧雑貨は、日本でも人気のある雑貨です。

⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 北欧スタイルの作る方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファブリックパネル

日本にも多くのファンをもつ「北欧雑貨」。
お部屋を北欧スタイルに模様替えしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
小物の雑貨類はいくつか揃えたけれど、インパクトのある北欧雑貨が欲しい・・・という人は、「ファブリックパネル」を使ってみてはいかがでしょう。


⇒この記事の続きを読む
posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ファブリックパネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。