元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧雑貨ブーム(1)

私達の生活に心地よい癒しをもたらしてくれる雑貨類。素敵な雑貨は、見ているだけで幸せな気分にさせてくれますよね。
雑貨には色々なスタイルのものがありますが、中でも最近人気があるのは「北欧雑貨」です。最近のブームともいえる北欧雑貨は、何故今人気があるのでしょうか。


流行は繰り返すと言われています。
ここ最近の日本では、1960年〜1970年代のファッションが人気ですね。
それと同時にインテリアでも、1950年〜1970年代にかけて流行したアメリカや北欧の家具や雑貨のデザイン「ミッドセンチュリー」が注目されているのです。

ミッドセンチュリーの家具や雑貨は、大量生産でありながら温かみがあり、斬新でクオリティの高いデザインが特徴的です。
たくさんのデザイナー達が自分の手で試行錯誤しながらデザインを生み出していきました。戦争が終わったと同時に生み出されたミッドセンチュリーは、どこか開放された自由な心意気が込められているのかもしれませんね。

そんな熱い気持ちが込められているミッドセンチュリーですから、今もなお、多くの若者に受け入れられているのです。

ミッドセンチュリーを代表するデザイナーには、C&R・イームズ、柳宗理、ハリー・ベルトイアなどが挙げられますが、中でも北欧のデンマーク出身のヴェルナー・パントンが手がけた「パントンチェア」は、世界中で一大ブームを引き起こしました。

シンプルだけど、斬新なスタイルの「北欧雑貨」。今もなお、新しいデザインを生み出し続けています。注目ですね。


posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。