元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧スタイルの誕生

お洒落な雑貨といえば、「北欧雑貨」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
機能的で使いやすく、シンプルなデザインだけど、どこか遊び心溢れる北欧雑貨は、日本で密かなブームとなっています。


北欧雑貨を象徴する北欧スタイルは、どのようにして生まれたのでしょう。
20世紀より前のヨーロッパの建築やデザインは、権力者の思うがままに、富と権威の象徴となっていました。
その後、次第に使いやすさが重要視されるようになります。より機能的なものが求められるようになり、「機能主義」が生まれました。そんな機能主義スタイルを上手に表現するために、多くの建築家が学んでいたのがドイツの「バウハウス」という造型学校でした。

北欧スタイルは、この機能主義やバウハウスの影響を強く受けています。
1920?1930年代には、北欧スタイルの基盤を作った建築家がどんどん活躍していきます。
1950年代には、北欧スタイルの巨匠とも呼ばれるデンマークの建築家であるアルネ・ヤコブセンや、家具デザイナーであるハンス・J・ウェグナーなどが次々と作品を発表していきました。

1954年には、北欧家具の見本市がアメリカで開催されました。
また、ジョン・F・ケネディが使用していたとして、ハンス・J・ウェグナーのラウンドチェアが大きな評判となりました。

こうしてアメリカで話題となり人気を得た北欧スタイルは、アメリカだけではなく、瞬く間に全世界へと広がっていくことになったのです。


posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 北欧雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。