元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


ファブリックパネル

日本にも多くのファンをもつ「北欧雑貨」。
お部屋を北欧スタイルに模様替えしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
小物の雑貨類はいくつか揃えたけれど、インパクトのある北欧雑貨が欲しい・・・という人は、「ファブリックパネル」を使ってみてはいかがでしょう。


ファブリックパネルは、ファブリックボードやアートボード、またウッドパネルやウォールパネルなど、色々な呼び名がありますが、日本ではまだそれほど馴染み深くないものですね。
ですが繊維業が盛んな北欧やヨーロッパでは、古くから人々に親しまれてきたものなのです。

ファブリックパネルとは、木製の板に色々なデザインの布を貼り付けたインテリアのことです。最近ではテレビCMやドラマなどでも頻繁に目にするようになりました。
絵を飾るようにお部屋の好きな場所に飾るのですが、ファブリックパネルが親しまれている北欧では、各家庭にいくつかのファブリックパネルがあり、その日の気分や、来客の雰囲気に合わせて変えていくそうですよ。

ファブリックパネルのデザインは様々で、大きさも色々なものがあります。
いくつかのファブリックパネルを等間隔で飾ってみたり、季節によって変えてみたりしても楽しいですね。

ファブリックパネルは布なので、カーテンとも良く調和しますし、絵画にくらべて軽いので、石膏ボードにも取り付けることが可能です。
1つあるだけで、お部屋の雰囲気を一変させることができますよ。
北欧スタイルには欠かすことのできないアイテムです。
まずは、リビングや玄関に飾ることが始めてみましょう。おすすめですよ。

posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ファブリックパネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。