元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧雑貨のデザイナー「アルヴァ・アアルト」


北欧雑貨のデザイナー
「アルヴァ・アアルト」
北欧雑貨 北欧スタイル紀行

北欧雑貨の代表的なデザイナーの中でも、現代建築の巨匠と呼ばれ大きな存在であったデザイナー、「アルヴァ・アアルト」です。


AALTO 10 Selected Houses アールトの住宅

AALTO 10 Selected Houses アールトの住宅

  • 作者: 齋藤 裕
  • 出版社/メーカー: TOTO出版
  • 発売日: 2008/03/20
  • メディア: ハードカバー







白い机 円熟期―アルヴァ・アアルトの栄光と憂うつ アルヴァ・アアルトは、1898年、フィンランドで生まれ、機能主義的なスタイルを持つデザイナーです。建築から家具、照明や食器などのガラス製品、生活雑貨、絵画まで、あらゆるデザインを手がけていて、アアルトの作品は、フィンランドだけではなく世界中で今もなお愛され続けています。シンプルモダンなデザインは、とても一昔前のデザインだとは思えません。
斬新で機能的なデザインは、今の時代にも十分にマッチしますよ。

artek チェアNO.68 (アルヴァ アアルト) ブラック アアルトが他の建築家と少し違う点は、自分でデザインした家具を自分の手で製造し、流通システムである「アルテック社」まで創造してしまったことです。
また、アアルトの家具は、バーチという木材を鉄のように滑らかに曲げて成型した造形美があるのが特徴的なのですが、それを可能にしたのは、家具職人である「オットー・コルホーネン」の存在が大きいのです。
彼の協力がなくては、アアルトのデザインは生まれることはありませんでした。
アアルトとオットーによって生まれた曲線の造形美は、1937年のパリ国際博覧会のフィンランド館、1939年のニューヨーク国際博覧会のフィンランド館のうねる壁面によって、絶賛されることとなりました。同時期にデザインされた、「アアルト・ベース」は彼の代表作ともいえるものです。
彼が手がけた建築物は、アアルト財団によって、ヘルシンキに多数保存されています。
また、ヘルシンキの中心部から少し離れた場所にあるアアルトの自邸は、一般に限定公開されていますよ。
ヘルシンキに旅行される機会のある人は、是非立ち寄ってみてくださいね。

北欧、フランス、アメリカ、日本のキッチンブランドなら「プロキッチン」にお任せ!
イッタラ、ル・クルーゼ、ロイヤル・コペンハーゲン、アレッシィ、OXO、柳宗理、野田琺瑯、リバーライトetc他にもいっぱい!まずはプロキッチンで探してみてくださいね♪

posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | 北欧雑貨デザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。