元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧雑貨「イヤープレート」

北欧雑貨といえば、陶器類などの食器が代表的ですが、インテリアとして最適な「イヤープレート」も人気のある雑貨の1つです。


イヤープレートとは、その年にしか作られない絵皿のことです。もともとは、クリスマスの時期にお菓子や果物を美しいお皿に載せてプレゼントする習慣から始まったそうですよ。
北欧のイヤープレートといえば、ロイヤルコペンハーゲンのものが有名ですよね。
1908年に発売されて以来、100年の間毎年発表されていて、長い歴史をもつ絵皿です。
絵柄はデンマークの美しい風景をはじめ、様々なシーンがモチーフとなっています。
絵皿の裏には、ロイヤルコペンハーゲンのマークとシェーブナンバー、アーティストのサインが入っています。1つ1つ手描きで作られているので、同じ絵柄でも少しずつ違いがあるのも魅力の1つです。

絵皿の大きな特徴は、「ロイヤルコペンハーゲンブルー」と呼ばれる美しいコバルトブルーですが、日本の有田焼の影響も強く受けていると言われています。
美しい色と高い技術力が評価され、1989年のパリ万博ではグランプリを受賞しました。

結婚祝いや出産祝いに最適なイヤープレートですが、価格はいくら程度なのでしょう。

発売の年と前年の絵皿は、デパートや直営店で定価の1万円前後で売られています。
それより古いものは、取り寄せになることと思いますが、古い年代のものほど高い、ということではなく、その年に作られた枚数と絵柄の人気度によって、価格は左右されています。作られた枚数が少ないと翌年には値上がりしますし、古いものでも1万円以下で売られているものもあります。
古い絵皿の価格は、そのお店によって異なります。
購入を考えている場合は、いくつかのお店で価格を比較すると良いでしょう。

posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 北欧雑貨「イヤープレート」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。