元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


北欧雑貨のデザイナー「ハンス・J・ウェグナー」

ハンス j ウェグナー大特集


北欧雑貨のデザイナー「ハンス・J・ウェグナー」
北欧雑貨 北欧スタイル紀行

シンプルで無駄のないデザインの北欧雑貨は、インテリア好きな人の間で注目されているデザインです。

ハンス J ウェグナー ダイニングチェア/CH36 ハンス J ウェグナー Y-チェア(ビーチ)

ハンス J ウェグナー Y-チェア(ブラック)

ハンス J ウェグナー Y-チェア(ブラック)

  • 出版社/メーカー: カールハンセン&サン ジャパン
  • メディア:



ハンス j ウェグナー大特集


北欧雑貨を集めている、という人も多いかと思いますが、「イス」にも注目してみましょう。
北欧スタイルといえば、イスは欠かすことのできないアイテムです。
大きな存在感を示すイスは、1つあるだけでお部屋の雰囲気が変わります。

北欧製のイスの有名なデザイナーといえば、やはり「ハンス・J・ウェグナー」でしょう。
ハンス・J・ウェグナーは、デンマーク家具の黄金期を作った代表的デザイナーの1人です。
1914年4月2日、デンマーク、トゥナーに生まれる。 1931年に家具職人のプロライセンスを取得、国立産業研究所に通い、木 材について専門に研究を重ねる。1936年から38年、美術工芸学校に通い、家具の設計を専攻する。1940年より椅子のデザインを 始め、Yチェア(Y Chair)、ザ・チェア、ピーコックチェア、パレットチェア、チャイニーズチェアなど、現在に至るまで500種類以 上の椅子をデザインする。 この間、国内外を問わず多くの展示会に出品し、多くの賞を受ける。又、個展も数多く開催され、 その作品はニューヨーク近代美術館をはじめ多くの公共機関にコレクションされる。

1914年、靴職人の息子としてユトランド半島で誕生したウェグナーは、コペンハーゲン美術工芸学校の家具科で学びました。
その後、27歳の時にアルネ・ヤコブセンの事務所に勤務します。1943年〜1946年には自らデザインスタジオを経営するようになり、1946年〜1948年には建築家であるパラ・スエンソンと共同してコペンハーゲンに事務所を設立します。
ウェグナーのイスの特徴は、形と機能を簡素化して、温かい木の質感を生かして洗練されたデザインに仕上げているという点です。座りごこちの良さでは、たくさんのファンを魅了していますよ。
今までに500脚ものイスをデザインしていますが、作品の多くはニューヨーク美術館などに収められていて、故郷であるデンマークには美術館も設立されています。
今までの代表的な作品には、1943年のチャイニーズチェア、1947年のピーコックチェア、1950年のYチェアなどがあります。

デザイン的には、派手さや飛びぬけた先進性はないのですが、「座りやすさ」や「デザインの美しさ」を追及して作られています。
飽きのこないデザインで、長く愛用できる頑丈さを持っているからこそ、今もなお、世代を超えてたくさんの人々に愛され続けられているのですね。

ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス)

ハンス・ウェグナーの椅子100 (コロナ・ブックス)

  • 作者: 織田 憲嗣
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 単行本



ハンス j ウェグナー大特集

posted by 北欧雑貨 北欧スタイル 記録の細道 at 12:23 | Comment(0) | 北欧雑貨デザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。